4.キャストについて

これ大事な事です。

 

ボートシーバスでは遠投は不要です。
それよりも正確性が重要
そして、その前に安全性が最重要!!!

神戸の岸壁で、8.6-9.6フィートの固いロッドにIP-26をぶら下げ
一旦後ろに構えて「おうりゃー」ってぶん投げている人!
その投げ方、絶対にボートの上ではしないでください!!
後ろの人の帽子を引っ掛けて飛んで行く、ぐらいで済んだら良いものの、、、です。

「前で投げる」が基本です。
両腕を前に伸ばしてロッドを顔の正面に45度に構える。
ちょうど剣道の構えのよう。
目と目の間とロッドと着水点がまっすぐになるように狙いを定め、
腕ではなくて手首でロッドを振り上げて垂直で止めてロッドのしなりを感じたら前にキャストして45度で止める。
すなわち、ロッドの振り幅は体の前の45度程度だけというキャストです。
そうすれば自分の体より後ろにルアーはいきません。
厳密に言うとロッドのしなりとたらしの分だけ後ろに行きますが。
あ、そういう意味ではタラシも短めに。

ちなみにオカッパリでもそういうキャストをしてみてください。
精度あがりますから。

 

近いポイントならアンダーキャスト(フリップキャスト、ピッチング)も有効です。
ベイトの人はサイドハンドが多いと思いますが、あれも危険です。
隣の人のルアーをひっかけて投げてしまいがちです。
できればアンダーかオーバーで投げましょう。

 

#ボートシーバス奥義その伍:顔より前で投げるべし

協賛企業様:

琵琶湖のマリーナはこちらへ

アークロイヤルボートクラブ

 

中古車のことなら

SALTEX

河内山本 串揚

串喜

 

 

ガソリン入れるなら!

出光興産 鴻池新田SS

 

各種シートカバー取り揃え!

 

 

Jackall Saltwater

 

 

実力派ルアー勢揃い!

SALTEX

 

ナイトゲームにぴったり!

ナイトオレンジ登場!!

宅配のめがねやさん

 

釣り具のポイント

摩耶海岸通り店

釣り具のポイント

 

 

素敵なカーライフのお供に